春に黄色い花が多いのは

暖かい、、、を通り越えて

暑い、、、といった方が良さそうなほど

気温がググッとあがっています。

それでもまだ季節は”春”です。


春はあちらこちらでいろいろな花が満開で

カラフルでキレイな景色を見る事が出来ます。

この時期ならでは、なので見られる事の出来る花を

なるべく多く見たいと思います。


桜は誰でも”花見”というスタイルで見る機会も多いですが

それ以外の花も見頃があってその時にフェスティバルを開催したり

しています。


フラッと外に出て、

野草、何気に咲いている花にも目を向けてみます。


春はピンク、、、と思いがちですが

黄色い花が多いのです。


なぜか・・・?


黄色は有彩色の中で一番視認性が高く目に付きやすい色です。

虫たちも、やはり黄色は一番見つけやすい色だそうです。

花は種を残していくために

その花粉を虫たちに運んでもらう必要があります。

目立たないと虫が寄ってきてくれません。

そのために自らの存在を1番目に付く黄色、、、なんだということです。


・・・タンポポは自分からふわふわ風に乗って

種が蒔かれますからどうなんだと思う事もありますが、

自力で出来ない

”一部”ということにしておきましょう。


カモミール


たんぽぽ


黄色以外のキレイな花をご紹介しましょう。


りんごの花です。



これは珍しいラ・フランス(洋梨)の花です。

この花があの美味しいラフランスの実になります。

なんだか不思議ですね。

外、、、自然に触れることはいろいろな知識が得られる

最高の場所です。


チャクラのぬりえセラピー(R)

誰でも気軽に取り組める《ぬりえ》を使った心と体の健康に役立つコミュニケーションツールを扱っています。

0コメント

  • 1000 / 1000