精神世界の入口です

令和初日、ぬりえセラピスト養成講座がありました。

既に三回目ですので、随分進んでいます。

この日は第5チャクラから始めましたが、

ここは「精神性」の高まるチャクラの入口になるところです。


言葉で表現して伝える事が重要なところですが、

この先(第6~7チャクラ)は言葉で表現することが難しい感覚の世界です。

感じとる、それをどうやって伝えるか。


言葉だったらどんな言葉を選んで

相手に伝わるように表現するのか。


そんなチャクラに入る前に

言葉で表現する・・・とは。


話すだけではないんですね、ここは。

聞く事も大切になります。

つまり・・・


相手の話を聞く事で

何が言いたいのか理解して

適切な言葉を返す。


相手が表現していることをどう受け取るのか、という事も

大切なコミュニケーションです。


自分の言いたいことだけ話すのがコミュニケーションではなく、

キャッチボールが出来なければならないです。


相手の話を聞いていると

次に何を言葉にしたら良いかが、わかります。


では、、、


どうやって相手に話しをしてもらうの?


と、質問されます。


自己開示・・・自分自身も相手が話しやすくなるように

オープンにする事が必用だと思います。

それから要点に話しを持っていくと

案外スムーズだと思います。


・・ただし、

”良い加減”というものがあるので、そこは経験かと思います。


自己開示は、なかなか出来ないと思う方も少なくありません。

自分で自分の事を知るのは勇気がいるもので、

そこをあえて見ないでスルーしてきていると

いざ自己開示というときに

何を話したらよいか解らなくなります。


そこで、


第5チャクラは、

”表現”というキーワードから自分自身を表現、、つまり、

自己開示をしてみる。

と、なります。


セラピストになろうと思うとき、

越えるべき一つのポイントが第5チャクラだと思います。

チャクラのぬりえセラピー(R)

誰でも気軽に取り組める《ぬりえ》を使った心と体の健康に役立つコミュニケーションツールを扱っています。

0コメント

  • 1000 / 1000